講習会

講習会

 

令和2年度手話講習会(入門・基礎)の皆さんへ

「2月手話講座中止のお知らせ」  

 

 この度、毎月1回開催しておりました「手話講座」は令和3年1月8日に緊急事態宣言を 受け1月の手話講座を中止にさせていただきました。  

 更に、先日緊急事態宣言の延長を受け、令和3年3月7日まで県民サポートセンターの 使用ができませんので、2月の手話講座も中止とさせていただきます。  

 これまでの動画配信をご覧いただき繰り返し学習したり、手話講座で学んだことを復習 してください。皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、宜しくお願い申し上げます。  

 尚、令和3年度の手話講習会につきましては、横浜市と相談等をしながら進めてまいり ます。一刻も新型コロナウイルス感染拡大が終息し、緊急事態宣言が解除され安全な環 境で開催が整うことを願いたいと思います。今後もお知らせ等は、随時ホームページに掲 載いたしますのでご確認をお願いします。

問い合わせ 080-4130-9508

 

「今後の学習について」

 詳細は  >>ここから

 

手話講習会(入門・基礎)について

 

横浜市手話通訳奉仕団(たつの会)では、横浜市福祉局からの委託事業の一つとして「手話奉仕員養成講習会」を開催しています。

参加資格は、手話学習経験のない方を対象にした入門講習会、手話を学んで一年以上の方を対象にした基礎講習会を実施しております。

市内在住・在勤の方が対象です。今後、手話通訳、ボランティア活動等の活動に関心のある方等が対象です。

 

地域の聴覚障害者等の触れ合いや聴覚障害者の基礎知識等を得る機会を横浜市福祉局の委託を受け実施しております。

今年度の講習会は4月より開催しております。来年度のお申込をお待ちしております。

 

講習会の風景

 

 

よくある質問

 

 

 

受講生の声

 

入門クラス

1.手話について予備知識も何もない全くの初心者でした。

クラスについて行けるかな?周りの方々はきっと多少なりとも出来る人がいるんだろうな? 等と不安いっぱいな心持ちで始まりました。

ところが始めてみるとクラスの始めは、必ず 前回の復習、そして質問も思いついた時点でOKです。

「親切、丁寧」なクラス! まだまだ、スタートラインですが、どなたかのお役に立ててねそれが自分の喜びになる日 が来れば良いと思います。 (R・H)

 

2.表現力がとても豊かな先生達の魅力に毎回引き込まれています。ユーモア溢れる説明 で2時間の授業があっという間です。 これからも楽しく手話を学び成長していきたいです。

どうぞ、宜しくお願いいたします。 (A・K)

 

3.自己流で勉強していた私にとって、手話の基本型から教えていただいているので、着実 に進んで行けると思っています。

又、手話の表現方法は手の動きだけでなく、顔の表情 も大切であることを知りました。

なんとか2年間続けて行きたいと思っています。 (T・T)

 

4.手話の基礎でまだ数回ですが、何だか今回もたくさん習ったなと、1回、1回の授業の中 身が濃く、面白いです。

自分はまだ「50音」をちゃんと覚えられなくて、前回習ったことを 仕事の合間、家でダラダラしている時など、思い出しながら練習していますが、これで 合っているの?と曖昧になってしまいます。

でも1つでも多く覚えられたらと思っています。

どうぞ、来年3月まで先生方、皆さんとやっていきたいので、宜しくお願いします。 (N・I)

 

 

基礎クラス

1.手話は、「目で見る言葉」。手話を学び始めて2年目。でも、まだよく見えない・・。

「いつかよく見えるようになりたい」、そんな思いで、"たつの会"の基礎講習会に参加しています。

テレビの手話教育番組で、一人で学ぶのと違って、"手話を学ぼう"という仲間と一緒に週1回、「楽しみながら勉強できる環境」が魅力です。 (A・T)

 

2.手話に興味を持ち勉強してみたいと思っていた時、たつの会の講習会で学んでると いう方からお話を聞き入門講座から受講しています。

手話は表現や読み取りが難しいですが、先生が丁寧にご指導してくださるお蔭で、 指文字や日常のあいさつ、自己紹介など少しづつ覚え、ろう者と簡単なコミュニケー ションができるようになりお友達もできました。

講習時間中は皆さん真剣ですが、毎回笑いありで、先生をはじめ仲間に助けられな がら現在基礎講座に至ってます。

手話の勉強を通じて、素敵な仲間に出会えたことも嬉しいです。

これからも先生や仲間に助けてもらいながら、楽しく手話の勉強を頑張っていこうと思 ってます。 (K・A)

 

*2019年7月17日の「体験談・グループディスカッション・交流会」での受講生の声は ここから